2010年02月27日

高齢出産の始まり日記

中学1年生、13歳の秋から始まった生理はいつも不順。
遅れがちで、1,2ヶ月とんじゃうこともあって、すごく軽い月と薬を飲まなくちゃいられないほど
痛い月と、ばらばら。

そんなだから、生理が1週間以上遅れてもまさかね、と思ってた。

でも、これまで感じたことのない、おなかの下のほうのにぶい痛み。
ずっとぎゅっと握られているような・・・

こんな下なわけないよな、と思いつつ、
何となく測ってる基礎体温もずっと高い。

それでも、それが妊娠の兆候をあわらす高温期かもしれないと分りつつも、
まさかね、と思って検査するのをのばしのばしにしていた。

検査薬は、婦人体温計をネットで買うときに、送料無料になるようにと
2つ入りのをいっしょに買っておいて部屋の隅っこにおいてあった。

1つじゃ足りないだろうし、2つでも多分たりないだろうなとおもって。。。

赤ちゃんが来てくれたらどんなにいいかと思いつつも、
だめだったときのショックが大きいし、
今来てくれても結婚式が大変になりそうでこわいし、
とにかくどっちにしても手放しでは喜べない状況だったのです。

ふう
posted by リサ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢出産 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

高齢出産でアンチエイジング管理者情報

高齢出産でアンチエイジング管理者のリサです。

2007年4月に、36歳で男の子を出産しました。

妊娠中は、つわりもありましたが7ヶ月までは順調で、
マタニティスイミングもバリバリに通って泳いでました。

高齢出産だから、バランスの良い食事と
出来るだけ沢山歩くことを実行していて、
かなり充実した妊娠生活を送りました。

ただ、8ヶ月から急に体調が悪くなり、
夜は眠れないし、血圧は上がるし、尿タンパクもプラスになり、
結局9ヶ月ちょうどで早産。

自然分娩で結果的には安産でしたが、
やはり高齢出産ということもすこしは原因かな?と
考えさせられました。

ただ、高齢出産のリスクばかり取り上げられているけれど、
高齢出産のメリットも沢山あると感じたのです。

なので、これから高齢出産される方が、
楽しく、自信を持って、自分らしい妊娠生活を送れるよう、
私が妊娠中に集めた情報をまとめていきます。


posted by リサ at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理者情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

So Da Tsu com(そだつコム)

<a href="http://www.sodatsu.com/home.html">So Da Tsu com(そだつコム)</a>

マタニティ誌「たまごクラブ」の創刊編集長吉 田 泰 子さんによる「So Da Tsu com」

コンセプトは
「社会全体が、私たちみんなが、こどもを育てる」「ひとつのいのちの誕生とともに、みんなが育つ、生きなおす」

子どもがくれるエネルギーを大切に育てることは、 社会全体の知のインフラをつくることだとおっしゃる吉田さん。

そのために So Da Tsu com は、今日と明日と明後日に即役立つ知恵となる情報を提供してくれています。

合言葉は、こども・おとな・からだ・こころー未来を育てる So Da Tsu comです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。